☽MLM 企業記事☾ ☽MLMのいろいろな情報☾

STER GOLD~スターゴールド~

投稿日:

 

実物資産「金」で還元型インセンティブ、

あなたの未来にSTAR GOLDの輝きを。

STAR GOLD スターゴールド ー会社概要ー

会社名:株式会社アクシオン
(旧社名 ハンフェ株式会社)
本社所在地:〒650-0023 神戸市中央区栄町通1-2-1 建栄ビル 601
代表:杉本 絵実
電話番号:078-599-9576
FAX:078-330-4727

 

今こそSTARGOLDで純金ビジネスを。
この8つのファクターがその全てを物語っています。

純金は商品と投資、2つの価値がある

純金は単なる投資の一種ではなく、それ自体に利用価値がある商品です。

純金は製品や部品、宝飾品に加工される商品としての価値と、世界で何度も売買され続ける投資としての価値があります。

商品としては年々埋蔵量が減っていき、生産コストも高まることで、自然と価格が緩やかに上昇しています。

投資としては商品以上に売買する量が多く、価格は投資家やファンドの影響を強く受けやすいです。

 

年金も株も銀行預金も当てにできない今こそ

世界的な金融緩和実質金利がマイナスとなっていることで、通貨価値の目減りとインフレ対策から金地金を保有する動きが強まっており、2011年には価格上昇にも関わらず過去10年で最高水準を記録しています。

世界はまさに「金争奪戦」の様相を呈しています。

 

消費税が高くなると利益に

純金は台湾から購入時に消費税5%がかかりますが、売却時は消費税分が上乗せされますので、結果的に消費税がかかりません。

そのため、購入した後に消費税率が引き上げられると、消費税増税分だけ高く売れることになります。

消費税率のアップが確定する前に大量の購入者が現れて、金価格は上昇するでしょう。

2019年から消費税が10%に上がりますし、おすすめです。

 

金は実物資産で信用リスクがない

株式や債券は発行している会社が倒産してしまうと、紙くず同然になってしまいます。

これに対し、金は消えたり腐敗したりせず、価値を保ち続ける「実物資産」であるため、会社に影響されず、株式や債券のような信用リスクがありません。

政治、経済の不安定さに影響を受けず、価格は下がったとしてもゼロになることはないことから、株式投資等に比べると安心感があります。

 

少ない供給量と拡大する需要が金価格を上げる

純金の需要は中国とインドで高まっています。

すでに富裕層が増えた中国では、先進国の投機筋が純金をいくら売っても、中国の投機筋が買っていくため、金価格はなかなか下がりません。

現在、純金の年間生産量のうち、約66%は中国とインドが買っています。
2020年にはこの数字が80%以上に伸びてくると予測され、その影響で金価格は急落する可能性が低いのです。

実際、過去の10年間の相場を見てみると、2006年は1g=1,126円でしたが、2016年では1g=4,730円と4倍以上に暴騰しました。

 

ドル一極支配の終焉

サブプライムローン(信用度の低い人向けローン)問題をきっかけとした米国発の世界的な金融危機発生でドル不信が拡大(ドルの大幅下落)、行き場を失った投資マネーはドルを初めとする通貨から、安全資産である「金」へとシフトし始めています。

 

公的機関、売却から購入に転換

90年代には金利がつかず、価格も低迷していたため資産ポートフォリオの観点から各国中央銀行は保有金の売却を進めてきましたが、1999年9月に売却量を制限するワシントン合意がなされた後、売却量が減少し、さらに近年は金融危機の影響もあり、新興国を中心に購入する国が増えてきています。

 

節税対策になる

金地金や金貨は、どれだけ保有しても固定資産税がかからないことはあまり知られていません。

土地や建物の場合、固定資産税・不動産取得税・印紙税・固定資産税都市計画税さらに投資物件の場合、利益から源泉徴収が20%も発生します。

 

相続のリスク分散手段として金は有効であると言われています。

 

特にアベノミクスのこの時代には、インフレに強い金を長期保有する意味があると言われています。

「株で攻めて、金で守る」という発想は時代にマッチしていると言えるでしょう。

 

なぜ、これほど未来を不安に感じるのでしょうか。

昨今の世界市場を見ると、日本経済の不安要素が多く見られます。

・マイナス金利政策の悪影響?
・円高・株安・デフレ?
・中国の経済の減速?
・アメリカ経済に対する不安?
・欧州での金融不安?

さらに、リーマンショックで完全に崩壊した世界金融バブル、多くの人が年金破綻は早まるのではないか?と不安に感じています。

投資家ジム・ロジャーズも「金融緩和で紙幣を印刷する景気は続かない」とし、人々が貯蓄をして、投資をしたり消費することが「健全な経済」だと強調しています。

 

STAR GOLDは、何も生み出さない従来の消費を
「還元型インセンティブ」という理念で払拭。
投資のようにそのものに付加価値を加えることで、
アソシエイトへの高収益還元を実現します。

 

「持続的成長」を実現するビジネスモデル

新規加入メリットに注力した定期キャンペーンに加えハイクオリティリーダーシップ育成システム。
新規アソシエイトを長期的なリレーションシップで育成サポートします。

優良リーダーアソシエイト × 最強の商品戦略 × 高収益還元システム
三位一体の“高効率”マーケティングシステムを構築しました。

最強の商品力を実現

「Argor アルゴーヘレウス1g/ Argor アルゴーヘレウス5g」
高度な999.9%*の純金インゴット

金の品質を保証するロンドン地金市場協会(LBMA)から認定された
金精製企業Argor アルゴーヘレウスのインゴットを最も人気の1gよりご購入いただけます。
(*金製品は、その純度を千分率で表します。)

新たな成長ステージへ

グローバル展開で、更なるステージへ
アジア圏の各国へ順次進出、積極的な事業拡大を図ります。
このアジア圏こそ、各国貨幣よりも資産としの金への信用が圧倒的に強い地域です。

 

最高のパフォーマンス、「純金」で豊かな「金の果実」を

「中央銀行は金価格を通信簿として見ている」
――日銀高官が述べた言葉です。

2001年9月11日の米国同時多発テロ発生以降、米国中心の信用経済への不安が高まる中、信用リスクのない「実物資産・金」への注目が加速、ドル建て金価格はこの10年間で5倍以上に、円建て金価格も4倍以上に暴騰しました。

日本円は昨今安定していますが、10~20年後を考えた場合、急激な円安に向かったりしないでしょうか?そうなった時、円の定期預金をしていたら・・・価値は下がってしまいます。

かといって外貨預金や外国の株もリスクが高いのです。そこで、「マネーの新常識」として、安全性を求める者は純金の買い方に回っており、爆騰狙いの様相を呈しています。

2020年には1g=9,000円台になるとも言われている金の価値。
まずはSTAR GOLDの金を手に入れてください。

Argor-HeraeusPAMPの金をあなたの手に

Argor-HeraeusPAMPは、スイスのカステロ・サン・ピエトロに本社を置く、世界的に有名な貴金属を精製・製造する会社です。

PAMPの地金は、世界の金・銀市場にて最も権威のあるロンドン金市場の登録認定機関であるロンドン地金市場協会(LBMA)、ロンドン・プラチナ・パラジウム・マーケット(LPPM)、東京商品取引所(TOCOM)などから、国際的に「グッドデリバリー バー」と呼ばれるブランドとして認められており、世界のどこでも取引ができると言われております。

 

~STAR  GOLD スターゴールド~ HPより抜粋

-☽MLM 企業記事☾, ☽MLMのいろいろな情報☾


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です